12 Tips to Urban Skating In Japan

UrbanLongboard j1Japan Cruise Event.jpg

Tip to Urban Longboard Cruisin’ UL1

1.  出来るだけ早く道の端により、歩行者や自転車に道を譲る。

  • Give walkers and cyclists the right of way and move way to the side as soon as possible

2. 人が多い所ではボードを持つか、スピードを落とす。

  • Pick Up your board or reduce your speed a lot in populated areas

3. ロングボード/スケートボードからのでる音を減らすため、ソフトウィール(78a)を使う。

  • Use Soft wheels (78a or lower) to reduce the sound emitted from your skateboard/longboard

4. もしスライドするなら、静かな所ではしない。お願いです。

  •  If you like sliding, do it in areas where the noise blends into other noises around. Not in quiet neighbourhoods, please.

5. オートバイ乗りの様に、信号は赤の時は人ごみの前に出る。最初は失礼に思うかもしれないが、信号が青になった時に後ろにいるより安全だ。歩行者に感謝される。

  • Just like motorcyclists do in traffic, go to the front of the crowd while the light is red (at a Cross Walk).  At first this might seem rude, but it’s much safer than being at the back when the cross walk light comes on. The walkers will thank you or better still, not notice you.

6. テールをはじいてボードを素早く取る練習をする。前に進み始める時のボードにスムーズに乗る練習をする。

  • Learn to snap up your board quickly. Learn how to drop your board and mount smoothly when beginning a forward motion.

7. プッシュとフットブレーキをマスターする。そんなの当然と思うかもしれないが、何人ものライダー達がスムーズなプッシュと完璧なフットブレーキで苦戦していたか言えない。これは絶対必要なので最初に練習しよう。一番良いのは外に行ってそこらへんをプッシュする事。

  • Master your pushing and footbrake. This may seem obvious, but I can’t tell you how many riders I’ve seen that struggle with smooth pushing and a perfect foot stop. This is a must so practice that first. The best way, go out and push around!

8.  ボードを外においておいたら、邪魔にはならない。そしてボードがあなたが見ていない時に倒れてしまわないようにダブルチェックしよう。もしあなたが近くにいなくてボードが倒れたら、風でどこかに飛んで行ってしまう。 ※望ましくは、外に置いておくか、前のドアの所に置いておく。日本で盗難される事は一般的ではないが、もし心配なら外のテーブルやボードの近くに座る。

  • Park your Longboard so that it’s clearly out of the way. And double check that won’t fall down when you’re not looking. You’re blowing it if it falls when you’re not there to catch it. Note:Preferably leave your rad ride outside or at the front door. Theft is not common in Japan but if you’re nervous, take the outdoor tables and sit near your boards.

9. スケートツールを持って行こう。時々セットアップを閉めたり緩めたりする必要がある。準備しよう。

  • Bring a skate tool. Sometimes you need to tighten or loosen your set up. Come prepared.

10. 夜にクルージングするのがベストな解決策だ。人や車はいないし、クラフトビールが飲めるスポットが開いている!

  • Cruise at night for the best results. Less people, less cars, more fun. And the Craft Beer spots are open!

11. 道に迷っても大丈夫。知らなかった場所を発見できる。でもこのオプションは一人で、時間のあるときに選ぼう。

  • Getting Lost is ok too. You never know what discoveries you will make but maybe choose this option when your solo or have free time to spare.

12. そして最後に、色んなレベルの人を招待しよう。私たちのグローバルなコミュニティは秘密のセッションでは育たなかった。愛情とあなたのセッションのプランをシェアすれば、新しく来た人も楽しめるだろう。

  • And lastly, invite people of all levels.  This is Urban Longboard. Our global communities didn’t grow by holding secret sessions. Share the love and plan your session so that newcomers can enjoy too.


Closing Feeling

Cruisin’ on Yokohama Blue Line Subway

Cruisin’ on Yokohama Blue Line Subway


この記事は最近亡くなった私の友人にインスパイアされた物です。私は時が来たらさらにシェアするつもりです。私たちはロングボードへの愛情を日本の隅々にまで広める為に、この強いヴィジョンをシェアしました。これを始める前に彼を失った事はとても寂しいです。そして私の深い悔やみで今苦しんでいます。彼のハートは正しい場所にあり、彼のビジョンは水晶のように明白でした。それは私たちが計画していた未来をすぐに明らかにしてくれたでしょう。日本の巨大なコミュニティはこんなにすばらしい人を失った事により途方に暮れてしまいました。私が日本に来てからすばらしい人たちに会いました。そんな彼らも、彼が私にしたように私に肯定的な方法でインパクトを与えたひとはいませんでした。私たちの共同のブレインストーミングはまったくもって私を感動的なものだった。それを彼に知って欲しかった。親愛なる友人よやすらかに眠って下さい。いつか、わたしはあなたの夢を叶えます。約束します。

日本にはグループで活動を続けるライダー達のコミュニティーがあります。私はいつもすばらしい時間をその良い人たちとすごし、私をいつも歓迎してくれる事を願っています。しかし、私にとって、日本のロングボードの未来で何が起きるかという、より大きなヴィジョンをシェアすることの一部になる。ということがあります。私はパイオニアと呼ばれてきて、日本のあまり歓迎しないという習慣の元の考えを尊重する人々に感謝をしています。パイオニアかそうでないか、真実は私にはわからない。私はバンクーバーのシーンにいたし、バンクーバーの何千人もの人たちのロングボードに対する愛情の最初の証人です。彼らはそれを雨の中でする程愛していました。(下のビデオをご覧ください。)もしあなたが私のようにその愛情を大衆に広めることに興味があるなら、daniel (AT) skateslate (DOT) comまでメールを送って下さい。不可能を可能にできると信じている人との肯定的なコラボレーションほど、私を幸せにすることはありません。

それでは、次のクルージングセッション(近々開催予定です)でお会いしましょう。※下のビデオのようにクレイジーな感じではありません(笑)

This article was inspired by friend that I lost a few years ago. Urban Longboard is my way of carrying the torch for his dream. We shared a strong vision to spread the love of longboarding to the rest of Japan. I’m so sad to have lost him before we could get this all started. I feel he is happy now knowing that it will live on. His heart was in the right place and his vision was crystal clear. It’s much too soon to unveil the future we had planned, but UL1 Urban Longboard is a stepping stone. A huge community in Japan was devastated by the loss Keibun Miyamoto. Since I came to Japan I’ve met a lot of amazing people. None of these people have impacted me in such a positive way the way he did. Our collaborative brainstorms were nothing short of inspiring and he’s gone far far too soon. There is one thing I’d like him to know, it’s this.  Rest well my dear friend. In time, I will make your dream come true. That I promise.

There’s a community of riders in Japan that would rather keep to their groups. I have a wonderful time every time I’m with these good people and I hope I’m always welcomed. But for me, there’s always gonna be a part of my that shares a bigger vision of what the future holds for skateboarding in Japan. I’ve been called a pioneer and I’m grateful for the people that respect original thinking that is not always welcomed in Japan. Pioneer or not, the truth is I don’t see it that way. I was a part of Vancouver scene and witnessed first hand how thousands and thousands of people in Vancouver loved it so much. They loved it sooo much they even skated in the rain.  If you’re interested in spreading Urban Longboarding in your Prefecture, please contact me.  There’s nothing that brings me more happiness than positive collaborative with people that believe in the impossible.

See you on our next Cruisin Session. CLICK HERE TO FOR DETAILS ON UL1

RELATED POSTS FROM SKSJP





OLD ARTICLES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES fROM SKate[Slate] JAPan

Dan Pape